発生すると株価が上昇する!?ゴールデンクロス発生銘柄

分かりづらい用語はこちらでチェック:LINE証券用語集

発生すると株価が上昇する!?ゴールデンクロス発生銘柄

ゴールデンクロスはテクニカル分析のひとつ

 今回は投資手法として有名な「ゴールデンクロス(GC)」について取り上げていきます。一度理解してしまえば、判断しやすい指標です。

 まず、投資における2大分析手法は下記の2つと言えるでしょう。

ファンダメンタルズ分析 … 企業業績などを基にした分析
テクニカル分析     … チャートなどを基にした分析

 今回取り上げるゴールデンクロスは、「テクニカル分析」と呼ばれる、株価の傾向やパターンなどを把握し、今後を予想する分析手法に含まれます。そして、テクニカル分析を行う際に基本となるのが「移動平均線」という線になります。

 さて、移動平均線はその名の通り、過去のある一定期間の値動きを平均化した線のことです。5日移動平均線を例に考えると、当日を含む過去5日間の平均値を示した点をつなげた曲線のことです。下記のような期間の移動平均線が用いられることが多いです。

日足5日線、25日線、75日線、100日線、200日線など
週足13週線、26週線、52週線など

ゴールデンクロスは「買いサイン」!?

 上記を踏まえて、ゴールデンクロスとは長期の移動平均線を、短期の移動平均線が下から上に抜けたときの状態を指す用語です。この状態が一体何を表しているのかと言えば、株価が今後上昇傾向になる可能性がある、つまり「買いサイン」となります。 具体的に動きのイメージを見てみましょう。図表1のようなイメージで、期間が長い移動平均線を期間が短い移動平均線が下から上に突き抜けるといった形状です。例えば、25日線を5日線が下から上に突き抜ける場合などです。

図表1 ゴールデンクロスのイメージ

図表1 ゴールデンクロスのイメージ

ゴールデンクロス発生後は一定期間上昇する?

 図表2は、具体的にゴールデンクロスが足元で発生したダイヘン<6622>の日足チャートです。緑の丸で囲んだ部分で5日線と25日線とのゴールデンクロスが出現し、その後一定期間の上昇を見せていることがわかります。

図表2 ダイヘン<6622>の日足チャート

図表2 ダイヘン<6622>の日足チャート

 ただし、勘違いしてはいけないのが、「確実に上昇する」ことを約束するサインはこの世に存在しないということです。ゴールデンクロスも同様に、あくまでその後の上昇が期待されるサインの1つであり、売買の判断要素の1つとしていただくといいでしょう。

 なお、ゴールデンクロスの発生はLINE証券の個別銘柄ページでも確認ができます。下記のように表示設定を進めると、他銘柄や違うタイミングでの確認もできますので確認してみてください。

ダイヘン<6622>

ゴールデンクロス発生関連銘柄をご紹介!

エヌ・ティ・ティ・データ(9613)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 システムインテグレータ専業で国内トップ。公共・金融分野等のシステム、社会インフラサービス等を手掛ける。公共・社会基盤部門は中央府省、テレコム向けサービスの拡大等で堅調。22.3期通期は2桁増収増益。 記:2022/07/09

アルバック(6728)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 産業・研究機関向け真空装置を製造。真空技術を活かしたFPD・半導体製造装置を手掛ける。液晶用スパッタリング装置で世界トップシェア。メモリ投資の継続等で半導体製造装置は売上堅調。22.6期通期は業績好調。 記:2022/08/16

デジタルガレージ(4819)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 デジタル広告、オンライン決済、ベンチャー投資を展開。決済とデータを融合したDGフィンテックシフトに注力。カカクコムや東芝テックと飲食・小売業界のDX化を推進。決済取扱高が伸長し、1Qは増収、各利益急伸。 記:2022/08/12

奥村組(1833)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 中堅ゼネコン。関西を地盤に、住宅や商業施設等の建築、ダムや鉄道、上下水道等の土木、不動産や発電施設の投資開発を行う。免震技術等に強み。22.3期は建築事業が堅調に推移した一方、販管費の増加が重しとなった。 記:2022/05/24

オルガノ(6368)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 水処理エンジニアリング会社。水処理のプラントや、消耗品交換やメンテナンス等のソリューションを提供する。水処理薬品や浄水フィルタ等の機能商品も提供する。22.3期は受注高、売上高、利益が期初予想を上回った。 記:2022/06/10

オープンドア(3926)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 旅行比較サイト「トラベルコ」を運営。多言語旅行比較サイト、伝統工芸品紹介サイト等も手掛ける。成果報酬型の従量課金収入が柱。自己資本比率は高水準。旅行需要は回復傾向で、23.3期1Qは大幅増収、損益改善。 記:2022/08/07

関東電化工業(4047)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 化学中堅。フッ素化技術に強み。半導体製造用特殊ガスやLi電池電解液材料で高シェア。23.3期は原燃料高や償却費増が利益を圧迫する見込み。新中計では25.3期に営業益150億円を目指す。配当性向は2割目安。 記:2022/07/10

TOWA(6315)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 封止や切断加工を手掛ける半導体後工程用製造装置メーカー。マルチプランジャ成形方式で成長。モールディング装置で世界シェア5割。改造・修理、予防保全、パーツ販売により事業規模拡大を模索。22.3期は利益急伸。 記:2022/05/26

ユーザーローカル(3984)【いちかぶ】【取引所】


〈業務内容〉 ウェブサイト分析ツールやSNS分析ツール、チャットボットなどを開発。アクセス履歴の解析や可視化技術で成長。AIエンジニア比率が高い。AIサービスの新規開発などに取り組む。22.6期3Qは2桁増収増益。 記:2022/05/29

アイ・ケイ・ケイホールディングス(2198)【取引所】


〈業務内容〉 婚礼施設運営会社。全国でゲストハウス型挙式や披露宴を企画・運営。有料老人ホームや介護サービス、調味料の販売も事業領域。営業、顧客情報を集約・可視化する分析基盤を構築。業況回復し、中間期は経常黒字転換。 記:2022/06/21

銘柄選定基準

ヤフーファイナンスが掲載している「ゴールデンクロス*」(更新日時:2022/08/19 18:40)のシグナル発生確定かつ東証プライム市場上場の銘柄からFISCOアナリストがチャート形状等を踏まえて10銘柄選定、時価総額の大きい順に掲載

*長期(75本平均)の移動平均線を、短期(25本平均)の移動平均線が当日の終値で超えた(下から上に抜けた)場合

※金融商品取引所又は認可会員が信用取引の制限又は禁止措置を行っている銘柄を除いています
※証券金融会社が貸株利用等の申込制限又は申込停止措置を行っている銘柄を除いています

レポート作成元:株式会社フィスコ
重要事項(ディスクレーマー)
本レポートは、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。

本レポートはフィスコが信頼できると判断した情報をもとにフィスコが作成・表示したものですが、フィスコは本レポートの内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。

本レポートに掲載されている発行体の有価証券、通貨、商品、有価証券その他の金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。本レポートは将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本レポートおよび本レポートに記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。

本レポートは、フィスコ作成、LINE証券が加工・修正しております

トップへ戻る