【#太陽光発電】AI抽出15銘柄/ウエストHD、芙蓉総合リース、いちご…

【#太陽光発電】AI抽出15銘柄/ウエストHD、芙蓉総合リース、いちご…

日本でも存在感が高まる太陽光発電

 太陽光発電は、エネルギー源が太陽光であるため、基本的には設置する地域に制限がありません。比較的導入のハードルが低いため、日本における導入量は、近年着実に伸びています。仮に今後も、太陽光発電の需要が増加した場合、日本企業にどのような影響を与えるのでしょうか。AI『xenoBrain』が「日本太陽光発電需要増加」の他シナリオへの波及をもとに、影響が及ぶ可能性がある15社を抽出しました。

ニューストピック:日本太陽光発電需要増加

 『xenoBrain』は太陽光発電の開発・建設・ 販売を手掛ける企業の他、関連設備を取り扱う企業など15銘柄をリストアップしました。

■業績にプラスのシナリオ銘柄

銘柄コード銘柄名シナリオ影響度影響期間
1407ウエストホールディングス太陽光発電需要増加↑52.3短期
8424芙蓉総合リース太陽光発電需要増加↑21.6短期
1969高砂熱学工業空調設備工事需要増加↑16.3中期
8131ミツウロコグループホールディングス太陽光発電需要増加↑15.3短期
1961三機工業空調設備工事需要増加↑14.5中期
6787メイコーEMS需要増加↑12.6中期
6641日新電機太陽光発電システム需要増加↑11.2中期
6929日本セラミックセンサ需要増加↑10.1中期
8154加賀電子EMS需要増加↑9.4中期
6707サンケン電気太陽光発電用パワーコンディショナ需要増加↑6.6中期
1417ミライト・ワン太陽光発電需要増加↑6.5短期
9517イーレックス太陽光発電需要増加↑4.5短期
7595アルゴグラフィックス3D CAD需要増加↑4.3中期
1979大氣社空調設備工事需要増加↑4.3中期
2337いちご太陽光発電需要増加↑4.2短期

(注1)本分析結果は、株式会社xenodata lab.が開発・運営する経済予測専門のクラウドサービス『xenoBrain』を通じて情報を抽出したものです。『xenoBrain』は業界専門誌や有力な経済紙、公開されている統計データ、有価証券報告書等の開示資料、及び、xenodata lab.のアナリストリサーチをデータソースとして、独自のアルゴリズムを通じて自動で出力された財務データに関する予測結果であり、株価へのインプリケーションや投資判断、推奨を含むものではございません。
(注2)『xenoBrain』とは、ニュース、統計データ、信用調査報告書、開示資料等、様々な経済データを独自のAI(自然言語処理、ディープラーニング等)により解析し、企業の業績、業界の動向、株式相場やコモディティ相場など、様々な経済予測を提供する、企業向け分析プラットフォームです。
(注3)時価総額500億円以上の銘柄を表示している。xenoBrainのデータは2022年11月21日時点。
(出所)xenoBrainより野村證券投資情報部作成

xenoBrain 業績シナリオの読み方

影響度
影響度とは、表示されているシナリオが企業業績へどの程度影響を及ぼすかを推定したスコアです。0~100の範囲のスコアであり、スコア1につき、営業利益1%程度への影響を目安として計算されています。

影響期間
影響を受けると推定された期間の目安になります。
短期(1ヶ月~3ヶ月未満程度)
中期(3ヶ月以上~1年未満程度)
長期(1年程度~)

提供元:野村證券 / FINTOS!作成資料
この記事は「FINTOS!」で2022年11月21日に公開されたものです。
元記事:【#太陽光発電】AI抽出15銘柄/ウエストHD、芙蓉総合リース、いちご…

重要事項(ディスクレーマー)
過去に国内で募集・売出しを行ったもの、または東証上場銘柄等を除いて、外国証券は我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示が行われておりません。
他社比較のためやスクリーニングなどにおいて、会社名の記載を行うことがありますが、これは投資勧誘を意図したものではありません。本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたもので、金融商品取引法に定める外国証券情報ではありません。
本資料は投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。なお、使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましては当社はその責を負いかねますのでご了承ください。また、本資料は提供させていただいたお客様限りでご使用いただきますようお願い申し上げます。

トップへ戻る